【東京五輪】オリンピックのピンバッジ購入で世界各国の人たちと交流を!

スポーツ

2020年に入っていよいよ東京オリンピックがあと7ヶ月近くに迫っています!

続々と競技代表の決定ニュースが出てきていて国民も盛り上がってきていますね。

チケットの最終抽選も終わっていけなくてがっかりしている人も中にはいるかもしれません。

まぁ競技は正直、テレビで観戦しても感動は伝わりますので、チケットを入手できなくてもみんなで東京五輪を応援していければと思います。

オリンピックの楽しみ方は競技だけじゃないよ!

実はオリンピックの楽しみ方は競技だけじゃないって皆さん知っていましたか?チケットが取れなかった人でも楽しめる方法があるのです。

「ピンバッジ」をご存知ですか?

ピンバッジとは、日本では「社章」や「校章」などといったもので、制服の襟元につけて自分の身分を証明するために使われるものです。

オリンピックでは1988年のカルガリー五輪から「選手」「大会役員」「報道関係者」といった身分を分けるために配られたものがきっかけで、大会間期間中に交換したりして段々交流が始まったと言われています。

ピンバッジ交換で世界各国の人たちと交流!

日本には馴染みの少ない「ピンバッジ」ですが、これがスポーツイベント開催の際は会場の近くで購入したり交換したりと盛んに交流が深められるのをご存知ですか?

日本では1998年長野冬季オリンピックにおいて表彰式会場の向かいに設置された「コカ・コーラセンター」でピントレーディングというイベントが開催されて、連日連夜世界中のコレクターたちが殺到していました。

各企業の限定ピンバッジなどが高値で売られていたり、人気の絵柄をつけていると外国人から声を掛けられるなんてこともあったということです。

東京オリンピックでもすでに公式サイトでこのピンバッジは数多く売られていてすでに売れ切れの状態が続いていると言います。

ミライトワのデザインが世界に受け入れられて欲しいですね!

ラグビーW杯でもピンバッジは「売り切れ」続出

去年2019年ラグビーワールドカップ日本大会が開催されましたが、開幕戦以降の期間中に公式ショップでピンバッジは見かけませんでした。

私はロシア戦を観戦したのですが、ピンバッジは完売。Tシャツやタオルもかろうじて残っている程度で人気の高さをうかがい知ることができました。

その後も足しげく通ったんですが、入荷はありませんでした

会場内でピンバッジのトレーディング(交換)をしている様子はなかったにもかかわらず売り切れということは記念品としてみんな集めているのだなと実感しました。

一生に一度の思い出を形に残すためにも

よく世界中のコレクターが言うにはピンバッジの魅力は持っているだけでその時のその競技の盛り上がりや熱気などの記憶が鮮明に蘇ると言います。

実際長野五輪の際に現地にいた人はいまだにピンバッジを持っていて、それを額に入れて飾ったりしていると言うことです。

昔のものって記憶のレガシーになることってありますよね

日本でオリンピックが開かれるのは若い世代は別として一生に一度であることは間違いないと思うので早いうちから買っておいた方がいいかもしれません。

すでに公式ショップでは「売り切れ」続出

これもメディアが全く情報を出していないので、全く認知されていないのだが公式ショップがネット上には存在していて、ピンバッジだけではなく、日常品や応援グッズなどありとあらゆるものが販売されているのだ。

被災地の名産品を使った公式グッズなんかもあるね

やはり復興を支援すると言う意味で東北地方の「赤べこ」や「南部鉄器」などのユニークなグッズや京都の染物を使ったタオルなんかもありかなり充実している。

ピンバッジも限定品などがすでに売り切れの状態になっていて、過去の例を見ると流通はかなり限定的になるためなるべく早めに購入に踏み切った方がいいと思う。

狙い目のピンバッジは「限定品」と「ハート」

長野五輪の時に特に人気が高かったのが公式とは別の「限定品」であったと言う。これはオリンピックの公式スポンサーのみ制作を許されるグッズであり購入することはできなったと言う。

テレビ朝日のドラえもんピンバッジとか超人気だったみたい

すでに配られている可能性があるため、友人に局員がいれば価値が上がる前に譲ってもらった方がいい。

企業の限定品などはなかなか手に入れることが難しいなんて言う人も中にはたくさんいると思う。そんな人は「ハート」型のデザインを狙ってみるといい。

長野五輪の時はハートのデザインが入ったピンバッジは1個1万円などと言う高額で取引されたなんて話もあるため、世界中の人から羨望の眼差しでみられるに違いない。

他にも可愛いデザインや珍しいデザインのものを仕入れておけば、ピントレーディングや交流に一役買えることは間違いないので早めに仕入れておくのはいかがだろうか。

東京五輪もコカ・コーラがセンターを設置予定!

コカ・コーラはオリンピックの飲料のオフィシャルスポンサーに決定していて東京五輪でもピントレーディングセンターを設置すると言うことがアナウンスされた。

このセンターはオリンピックの超一等地で設営されるため、世界中の人で賑わうことが必死だ。

長野オリンピック の際はピントレーディングセンターが「六本木」のようになったと言う逸話もあるため、今回東京で行われれば、世界中で一番人が集まる可能性が高い。

東京五輪の思い出に是非参加してみてはいかがだろうか?

コメント

  1. […] 【東京五輪】オリンピックのピンバッジ購入で世界各国の人たちと交流を! […]