【仮想通貨速報】ビットコインが80万円代から110万円に超急騰!理由は超重要人物の発言だった!

仮想通貨

ビットコインが2019年の10月25日から26日にかけて80万円代から突如110万円へ上昇をみせた。何故このタイミングでの上昇なのか。フェイスブックが発行予定だったリブラ(Libra)が事実上の発行延期なので仮想通貨界隈では不穏な動きが多く、値を下げていた中での急騰に各機関投資家がその理由を探っている。その理由として考えられる原因は中国の超重要人物のある発言が原因だった。

ビットコイン相場は1ヵ月間の低調なレンジ(停滞)

仮想通貨の主要銘柄であるビットコインは9月の急落に以降、目立った商いもなく停滞していた。買い持つサインとなるトピックスがほぼない中で、逆にFacebookが発行する予定だった「Libra(リブラ)」が延期されるなど市場にはネガティブな雰囲気が漂い、80万円前半で推移をしていた。これは市場のネガティブな情報に加えて、過去の記事で示したように中国とアメリカの貿易戦争の懸念が若干、和らいだことにより元安の不安が落ち着いたためと考えられている。

【最新情報】ビットコインの2019年末向けた価格予測について

この懸念が全く別の形で崩されることになった。

中国主席が仮想通貨の主要技術である「ブロックチェーン」を推進する発言

これは技術推進する会議の中で公に国家主席が発言したもので「ブロックチェーン技術」を次世代の経済の一翼として推進していかなければならないと舵を切ったことによるものだ。中国では公には「仮想通貨」の取引を禁止しているがブロックチェーン技術は仮想通貨の技術の格であるため、その発言により、仮想通貨の今後に明るい方向性が示されたとして市場が速攻で反応したものと思われる。これはかなりインパクトのあることで、現金を持つ富裕層が将来の急騰へ大きく期待が広がったのではないかと考えられる。

中国のブロックチェーン技術推進発言の後、ビットコインは半日で30万円の急騰

10月25日のわずか半日の間に80万円で推移していたビットコイン相場が急騰。その後もまったく売られることもなく、どんどんとうなぎ上りに値を上げて最高価格110万円を越える高値をつけた。これはビットコインの歴史の中でも珍しい部類に入る急騰だ。中国のブロックチェーン技術の容認発言が公に示されたタイミングと一致している為、市場が反応したのは間違いないだろう。今では若干落ち着いているがボラティリティは引き続きあるため何が起きてもおかしくない相場となっている。

2019年末に向けた今後の価格予想

仮想通貨のビットコインが今後200万円を越えるような値動きをするには、まだ課題が多い。中国の一挙手一投足に影響があるのは間違いないが、今回の国家主席の発言はあくまで、ブロックチェーン技術についてのイノベーション強化ということで、ビットコイン、仮想通貨の推進は推奨していない。引き続き中国の業界に対する意識はネガティブであることに変わりはないため、再びの急落については充分注意が必要である。

しかし一方で世界的なブロックチェーン技術の議論が高まることでビットコインの必要性について再評価されることがあれば、200万円を超える最高値を更新する可能性はあるといえる。いずれにしてもボラティリティの大きい投資家にとってはうれしい状況が今後とも続くということで引き続き価格動向を注視していきたい。

コメント